Archive for the '大変さ' Category

採血以外の献血の仕事って?

火曜日, 6月 2nd, 2015

2sigot献血の仕事は、実際についてみると意外に大変。
といいます。

採血をするにあたっても、
やはり技術力も必要ですよね。

 

そのため、献血の仕事を始めたばかりの新人は、
献血を行うドナーの健康状態をチェックし、
ピアスの有無を確認、持病の確認と言った問診作業、
カルテの確認などを主に行っていきます。

ドナーから採血した血液は、
患者さんの命を繋ぐために必要になるものですから、
この問診もとても大切な献血の仕事になってきます。

 

献血の仕事のメインは確かに採血ですが、
その他にもさまざまな仕事があります。

 

ドナーが献血に関して思っている疑問に答えたり、
不安を解消することも、大切な仕事なんですよ。

 

ドナーが採血を行うベッドなどを清潔に保つ。
ということも非常に大切になってきます。

献血バスや献血ルームの場合、
不特定多数の方がそのベッドを使用します。

人によっては不快感を持つ。
という方もいます。

でも、しっかりと消毒・殺菌をすることで、
このような不快感を解消することが出来ますよ。

 

献血ルームで細菌感染や病気などの感染症に罹患した。
というようなことが起こってはいけませんので、
空気清浄機の管理や加湿器の管理なども大切ですよね。

さらに、採血した血液の保管・管理はとても重要です。
他の血液が混在してしまったりしないよう、
定められたマニュアルにそって保管をするということが大切になってきます。

採血の仕事はどんな感じ?

火曜日, 6月 2nd, 2015

1dona看護師が活躍する職場はとても様々です。
その中の一つに、献血の仕事があります。

献血の仕事では、
やはりメインになるのは採血を行うということが仕事になります。

 

注射が得意、穿刺が苦手ではないという人でなければ、
やや厳しい職場になってしまいますよね。

実際に働いていると行うのは採血だけではありませんよ。
採血の前には問診を行います。

 

この問診では、
ドナーのさまざまな情報を
適切に得ていくことが大切になってきます。

中には緊張している方もいますので、
リラックスしてもらうような話術も必要になってきますよね。
時々に応じたコミュニケーション能力が大切です。

 

問診、そして医師の判断で採血が可能ということになれば、
採血キットを用意して、
採血という運びになります。

採血をしている最中や、
採血後などにも、
基本的にはドナーに対して心配りをすることが求められます。

 

採血中に体調が悪くなってしまうドナーもいますので、
このような症状が現れた時には、
しっかりと対応できるように、常に見守ることが必要になりますよね。

 

採血後には水分を補給してもらい、
休憩を促すといったことも必要な配慮になります。

看護師として卓越した技術力やさまざま知識などが必要な現場ではありませんが、
採血の失敗は許されない。
という現場になります。

 

ドナーが安心して採血できるよう、
環境を整えることが大切です。