Archive for the '求人・転職' Category

献血のイイ看護師求人を紹介します!

金曜日, 11月 27th, 2015

header

caution

献血の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、献血の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300
 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血で働きたい!」「献血の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 看護のお仕事

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血の非公開求人」 が揃っています。

 

献血の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 マイナビ看護師
 

実績ある安心のブランド・マイナビが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution

2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 献血の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


献血の仕事はあまり残業が無いとされているんですが、それでも決してゼロというわけではありません。その残業の内容とは、一体どのようなものなのでしょう。実は、献血の採血などを行うということではなく、事務作業や献血のための道具の準備といったことが、主な残業となるんですね。
これらは人を相手とするものではありませんので、気を遣うことなく残業することが出来ます。また、体力的にも精神的にもあまり疲労感の無い業務となりますので、残業とは言っても気が重いということが無いのは嬉しいですよね。もちろん、働く事になる職場によっては、残業として対応しなくて良いこともありますよ。

看護師は残業が多い仕事となり、中には残業をとても重荷に感じている人は多くいます。突発的におきる残業というのは、その後に予定を入れることも出来ませんので、困ってしまいます。ですが、献血の仕事であれば、残業はある程度予想されている範囲内で終了しますし、事情をしっかり話しておけば、残業なしで帰宅することも出来ますよ。
病棟勤務と比べると、残業があったとしてもかなりの短時間で終了するという点も、嬉しいですよね。生活リズムも狂いにくく、時間管理もしっかり出来るというのはとても助かります。


献血看護師の仕事として、献血バスに乗って仕事をするということもあります。このような献血バスでの献血は、イベント会場や企業、学校などに献血施設を搭載したバスで出向きますので、どうしても残業があることがあるんですね。献血ルームなどでの仕事とは違い、イベント会場の後片付け、バスの車内の整理整頓、備品のチェックなどを行わなくてはなりません。
そして、不足している道具や医薬品などは、しっかりと補充し、発注するという仕事もありますよ。献血バスでの帰路の車内でこれらの作業をテキパキすれば残業が減りますよ。その日の献血者のカルテの整理や報告書の記載など、出来る範囲内のことはバスの移動中に行ってしまえば、残業時間も減らす事が出来ますよね。

ただ、カルテの管理というのはとても重要な仕事です。特に、採血をした血液の管理は、カルテと照合しながら行う必要がありますので、とても手間のかかる作業なんですね。採取した血液の量が多い日には、この作業にとても時間がかかります。
翌日以降に献血バスに乗車する人のために、道具類や備品類などを、しっかりと確認して補充するという事は、全ての献血スタッフにとって重要なこととなります。不足によって採血の作業に支障をきたすようでは困ってしまいますので、しっかりと行わなくてはなりません。


献血の仕事というのは、大きく分けると3種類の仕事があるんです。一つ目は、メインとなる「採血」の仕事です。ドナーの方から採血を行うことですよね。この採血された血液というのは、輸血用血液製剤となり、患者さんの元へ届けられます。二つ目に、採血の最中にドナーの方が体調を崩さないように「見守る」ということです。
とくに初めて採血をするという方の場合、かなり緊張していることがあります。この緊張をとき、リラックスさせることが看護師の大きな役割となっています。そして三つ目は、「保健指導」です。この保健指導は、血液検査の結果を元にして、ドナーの方に保健指導を行うことになります。ドナーの方の中には、この保健指導が目当てという方も居るんですよ。

献血ルームでの師仕事は、大きく分けると上記の3種類ですが、一日の流れというのはどのようになっているのでしょう。まずは、出勤後に献血ルームの清掃とミーティングを行います。最近では献血を予約されるドナーの方もおられますので、その状況の確認や、今日必要となる血液量の確認も行います。献血ルームが開所すれば、ドナーの方の受付、問診、医師の診察、採血。
このような流れの作業を繰り返し行っていく事になりますよ。採血した血液は決められた保管場所にて保管し、定期的に血液センターに運びます。採血中は、しっかりドナーの方の観察を行っていきます。最後は献血ルームの清掃、カルテの管理、備品のチェックや補充、発注などを行い、終了となります。


献血の仕事というのは、ドナーの方が居てこそ成り立ちますよね。基本的には健康な方がドナーとして献血を行ってくれます。ですが、中には体調が悪いのに献血をしようとする人もおられるんですね。ですので、まずはドナーの方の健康状態をしっかりと確認することがとても重要となります。献血は基本的にトラブルが起こりづらい仕事となりますが、健康被害が全く無いわけではありません。
献血しようという意欲のある方が、また次回も献血をしようと考えてくれるように、しっかりとコミュニケーションをとりつつ、気持ちよく過ごしてもらうことが大切になりますよ。

献血はトラブルが少ないという仕事ではあるのですが、健康被害が発生してしまうこともあります。例えば、採血の針が神経に触れ、しびれなどの症状が出てしまう事故というのも、まれにあるんですね。そのような被害が出ないようにすることはとても大切ですが、このようなケースがあるという説明も、しっかりと行わなくてはなりません。
採血中に、迷走反射神経や神経麻痺が残る可能性がある、という事は、ドナーの方にとって大きな負担となります。ですので、あらかじめしっかりと説明しなくてはなりませんよね。ただ、このようなトラブルが起きないよう、採血に関するスキルを磨き、注意して作業を行う必要があります。献血は一般的な病院と比べ、サービス業のような側面もありますので、その辺りの理解も大切になります。
献血の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血 転職サイトを見る

 

献血の求人に応募するときには、しっかりとチェックしよう!

火曜日, 6月 2nd, 2015

8cheky献血の仕事をしてみたいと思い、
血液センターの求人情報を見ていると、
細かな情報が記載されていないことが多くなります。

給料形態についても、
詳細が書かれていない場合もありますよね。
実際はどのようになっているのでしょうか?

 

血液センターの場合、基本的には夜勤がありません。
そのため、今までは病棟勤務で、
夜勤手当や時間外手当などをたくさんいただいていた。

という看護師の場合には、
給料が下がってしまう事は多くなります。

 

時間外についてもあまり発生することがないためなんです。
だからといって、手当が待ったっくないという訳ではありません。
家族手当や特別手当、資格手当などはあります。

最終学歴によっても、
給料は変わりますが、
経験年数などでも給料は変わってきますよ。

 

応募をする時には、
まず応募資格をしっかりとみておくことが良いですよね。

特に育児や結婚、介護などによって
一時的に職を離れていたブランク看護師の場合、
ブランクがあっても応募可能かということはよくチェックしておきましょう。

 

さらに、休日面もよく見ておく必要があります。
小さな子供がいるけど、土日は出勤が必要。
ということでは困るということもありますよね。

交通の便があまり良くないのに、
自動車での通勤が出来ない。
という場合も困りますよね。

 

求人情報に詳細がない場合には、
応募前に気になる部分をしっかりと確認することは大切になります。

採用が決まってから、こんなはずではなかった。
ということがないようにしておきたいですよね。

子育て中でも安心して働ける職場です

火曜日, 6月 2nd, 2015

6kosodate血液センターというのは、
日本赤十字社が運営している施設になります。
そのため就業規則というものがしっかりと定まっています。

規則的な日程で勤務することが出来、
さらに休日についても計画的に取ることが
比較的容易になっています。

 

患者さんのケアをすることになる病棟勤務とは異なり、
血液センターでは献血の仕事をすることになります。

緊急性の高い患者さんが搬送されて来たり、
複雑な医療行為などはありません。

 

そのため、
朝から夕方までの決められた時間内で仕事が終わりますし、
一日も8時間の日勤勤務になっています。

時間外勤務が発生することは殆ど稀なことですし、
夜勤がないという特徴がありますよ。

 

休みについても基本的には週休二日制になります。
他に有給休暇や夏季や冬季の休暇もあります。

もし、休日日に出勤をするという場合には、
平日に振替休暇を取得することが出来るようになっています。
慶弔休暇というものもちゃんと取得できますよ。

 

勤務表も毎月月替わりで決まりますので、
勤務表作成までにしっかりと相談をしておけば、
計画的にお休みを取得することが出来ます。

子育て中の看護師や家庭を持つ看護師にとっては、
かなり嬉しい職場ということになりますよね。

 

日本赤十字社は厚生労働省から
次世代育成支援認定マークを受けている企業ということもあり、
子育て中の看護師でも安心して勤務が出来ますよ。

献血関係の求人が見つからないんですけど?

火曜日, 6月 2nd, 2015

3kyujin献血関係の仕事についてみたい。
そんな風に思っているものの、
なかなか求人が見つからない。

そんな方もいるのではないでしょうか?

 

実は、献血の仕事は
基本的には決して多くの求人がある
という訳ではないんです。

献血の仕事を主に募集しているのは、
各都道府県にある血液センターになります。

 

これは日本赤十字社が運営している施設ですよね。
体制としては役所などに準じていて、
求人自体も募集から締め切りまではとても短期間で終わってしまう事が多くなります。

また、求人自体も各血液センターのサイトなどで
情報が出てくることも多く、
一般的に広く募集していることも少なくなってきます。

 

採用も最初は非常勤として、
ということも多いんですよ。

 

献血関係の仕事は、
基本的には空いているポストがあれば、
そこを補完する為に募集する。

ということが多くなります。

 

募集を行っても1人もしくは数人、
場合よっては募集自体がない年というものもあるんです。

しっかりと募集情報をチェックして、
応募するタイミングをしっかりと確認しなければ、
献血の仕事に就くことが出来ない場合もあります。

 

中には公に募集せず、
看護師同士の横のつながりで採用が決定してしまう。
というケースもありますよ。

 

もし、献血の仕事に付きたいという場合には、このような横のつながりをしっかりと持ち、募集が有ったら教えてもらう。

ということを心がけることも必要ですよね。

献血センターでナースとして働くには?

日曜日, 1月 25th, 2015

求人を探そう

kjndkjnf
 

血液センターや献血ルームで働くには
まずは求人を探すことが一番最初ですよね。

自分が住んでいる地域には必ず
日本赤十字社が運営をしている血液センターがあります。
献血ルームもこの血液センターで運営をしています。

 

そのため、血液センターや献血ルームの求人は
この日本赤十字社の血液センターで募集があります。

求人を探すときにはその地域の血液センターで
採用情報をチェックするということが一番良い方法です。

 

看護師専門転職サイトなどでも
情報をチェックすることが出来ますので、
相談をしてみるといいですよ。

 

作文を書く

 

血液センターや献血ルームで働きたい。
そう思っている看護師は、やはりまずは応募して
採用試験を受けることになります。

献血センターへ転職を考えている人にとって
この採用試験の時点で一つ難関があります。

 

実は血液センターの場合、
応募して採用試験を受ける段階になると、
「作文」がある場合がほとんどなんです。

作文なんて無理、苦手。
そんな風に思っている看護師も
やっぱり多いのではないでしょうか?

 

この作文の内容は「志望動機」になります。
どうして献血という分野を選ぼうと思ったのか。
ここを正直に書いてみます。

でも、その志望動機に

 

・仕事が楽そうだと思ったから
・夜勤がなくて休日が多いのが魅力的だった
・病棟ではない別の職場を選びたかった

という本音は書かないようにしましょう。
あくまでも献血に興味を持った訳などを書くと
いいですよね。

 

資格取得を目指したい

uehjksnhfd
 

積極的なアピールとして
血液センターや献血ルームに勤務していなければ
取得することが出来ない資格を取得したい。

という目標を掲げてみるのもおすすめです。

 

献血に関係している資格としては

・日本輸血・細胞治療学会主催のアフェレーシスナース資格
・日本自己血輸血学会主催の自己血輸血看護師資格

などがあります。

 

これらの資格を取得して、
今後の指導者や実地指導の場で活躍したい。
というような希望をアピールするのもいいですよね。

このような資格制度を知っているという点も
アピール点になる可能性は高い
ですよ。

 

技術はあとからついてくる

 

血液センターや献血ルームで働くなら、
穿刺スキルが卓越している必要がある。

そう考えている看護師さんも多いですよね。

 

でも、基本的には働き始めれば技術は自然に向上します。
最初から穿刺スキルが卓越している看護師は
実際には少ない
んですよ。

この点は不安に思う必要はありません。

 

まずは血液センターや献血ルームで働いてみたい。
看護師として医療の根底を支える献血の仕組みを
よく理解してその手助けをしたい。

このように考えている看護師であれば、
血液センターや献血ルームで働く看護師として
採用される可能性は高いですよ。

 

本音と建前は違うかもしれませんが、
このような考えが全くない人は
ちょっと働くのは難しいかもしれませんね。

献血の求人の種類

木曜日, 1月 8th, 2015

献血の仕事に種類はあるの?

nmcnjhdf
 

献血の仕事にはいくつかの種類がある。
ということはご存知でしょうか。

献血って血液センターだけじゃないの?
と思うかもしれませんが、確かに雇用自体は
血液センター、つまり赤十字社です。

 

でも、実際に献血が行われているのは
血液センターだけではないですよね。

献血の仕事には

 

・血液センターに勤務する
・献血ルームに勤務する
・献血バスに乗車する

という3つが大まかな種類になります。

 

献血バスに専属として乗車するということは
ほとんどなく、血液センターに勤務している
看護師が献血バスに乗車することが多くなります。

 

血液センターの求人

 

血液センターの求人は比較的多く、
各都道府県の赤十字血液センターで
求人が行われていますよ。

勤務時間はだいたい8:30~17:00で、
短大3年卒の場合の初任給は19万8千円くらい

になっています。

 

お給料は年齢や経験などによっても加算されますし、
基本給のほかに諸手当も付きますよ。

年間の休日は122日で、
社会保険をはじめ福利厚生もしっかりとしています。
この辺りは日本赤十字社の雇用ですから安心です。

 

血液センターである程度経験を積み、
仕事に慣れてくると献血バスに乗車することも
出てきますよ。

血液センターは基本的には土日が休みですが、
月の半分は土日の勤務があります。
この場合ちゃんと休日出勤手当が出ます。

 

献血ルームの求人

jiejiursd
 

献血ルームの求人も
各都道府県の赤十字血液センターで
求人が行われています。

献血ルームは基本的に10:30にオープン
しますので、出勤は10:00~
が多くなります。

 

血液センターに比べると駅チカや
ショッピングモール内など
通勤に便利なところが多くなっています。

献血ルームは土日もオープンしているので、
パート採用の場合には土・日・祝勤務が可能
という方に限っていることが多くなります。

 

献血ルームは基本的には日勤のみで
パートの場合には時給1580円~
というところが多くなっています。

正職員としての採用の場合には、
血液センターの場合とほぼ同じ給料
になります。

 

献血の仕事をしてみた感想は?

 

献血の仕事をしている先輩看護師の感想は
どのようなものなのか気になりますよね。

 

最初は病棟勤務との違いに戸惑っていたという
Aさん。

手順、決まり事などがとても多く細やかで、
自分には向いていないのかもと感じていたそうです。

 

最初は献血って採血だけだと思っていたけど、
入社後に製剤課研修で、血液が血液製剤になる
という課程を見て、お話を聞く機会もありました。

献血がいかに大切なのか、その重要性をとても
感じることが出来た
そうですよ。

 

献血の仕事は献血者と患者さんとの橋渡しです。
決して安易な仕事ではないですし、責任としては
病棟で働くスタッフと同じように重要だと感じました。

このような感想を聞くことが出来ましたよ。