Archive for 6月, 2015

献血の求人に応募するときには、しっかりとチェックしよう!

火曜日, 6月 2nd, 2015

8cheky献血の仕事をしてみたいと思い、
血液センターの求人情報を見ていると、
細かな情報が記載されていないことが多くなります。

給料形態についても、
詳細が書かれていない場合もありますよね。
実際はどのようになっているのでしょうか?

 

血液センターの場合、基本的には夜勤がありません。
そのため、今までは病棟勤務で、
夜勤手当や時間外手当などをたくさんいただいていた。

という看護師の場合には、
給料が下がってしまう事は多くなります。

 

時間外についてもあまり発生することがないためなんです。
だからといって、手当が待ったっくないという訳ではありません。
家族手当や特別手当、資格手当などはあります。

最終学歴によっても、
給料は変わりますが、
経験年数などでも給料は変わってきますよ。

 

応募をする時には、
まず応募資格をしっかりとみておくことが良いですよね。

特に育児や結婚、介護などによって
一時的に職を離れていたブランク看護師の場合、
ブランクがあっても応募可能かということはよくチェックしておきましょう。

 

さらに、休日面もよく見ておく必要があります。
小さな子供がいるけど、土日は出勤が必要。
ということでは困るということもありますよね。

交通の便があまり良くないのに、
自動車での通勤が出来ない。
という場合も困りますよね。

 

求人情報に詳細がない場合には、
応募前に気になる部分をしっかりと確認することは大切になります。

採用が決まってから、こんなはずではなかった。
ということがないようにしておきたいですよね。

穿刺スキル以外にも必要なものはあるの?

火曜日, 6月 2nd, 2015

7hitu献血の仕事をする看護師にとって、
やはりとても大切になってくるのは
採血に関係するスキルです。

穿刺技術が優れているか。
という点は確かに大切ですが、
実際に仕事を始めれば、確実にこのスキルは磨かれていきます。

 

どちらかというと、穿刺することに対して、
苦手意識がないか、
嫌と思うことがないかというほうが重要です。

 

さらに、加療が必要な患者さんのケアに当たるという仕事ではなく、
健康なドナーへの接遇を行う必要があるため、
社会人としてのマナーや、
個々に柔軟に対応することができる接遇スキルというものが非常に重要になってきます。

丁寧な対応ができないと、
そこでトラブルを起こしてしまう事にもなりかねませんよ。

 

献血をしに来てくださる人はボランティアのドナーになります。
このドナーに対して、看護師は問診をしたり、
体調の確認などを行っていきます。

高圧的に行うのではなく、
あくまでも親しみをもって接遇をする必要がありますよね。

 

個人個人に合わせたコミュニケーションを取りながら、
対応をすることが望まれます。

採血中にもリラックスしてもらうことが出来るような話術、
そして観察力なども大切になります。

 

採血以外にもさまざまな業務がありますので、
それに対応することも大切になってきますよ。

子育て中でも安心して働ける職場です

火曜日, 6月 2nd, 2015

6kosodate血液センターというのは、
日本赤十字社が運営している施設になります。
そのため就業規則というものがしっかりと定まっています。

規則的な日程で勤務することが出来、
さらに休日についても計画的に取ることが
比較的容易になっています。

 

患者さんのケアをすることになる病棟勤務とは異なり、
血液センターでは献血の仕事をすることになります。

緊急性の高い患者さんが搬送されて来たり、
複雑な医療行為などはありません。

 

そのため、
朝から夕方までの決められた時間内で仕事が終わりますし、
一日も8時間の日勤勤務になっています。

時間外勤務が発生することは殆ど稀なことですし、
夜勤がないという特徴がありますよ。

 

休みについても基本的には週休二日制になります。
他に有給休暇や夏季や冬季の休暇もあります。

もし、休日日に出勤をするという場合には、
平日に振替休暇を取得することが出来るようになっています。
慶弔休暇というものもちゃんと取得できますよ。

 

勤務表も毎月月替わりで決まりますので、
勤務表作成までにしっかりと相談をしておけば、
計画的にお休みを取得することが出来ます。

子育て中の看護師や家庭を持つ看護師にとっては、
かなり嬉しい職場ということになりますよね。

 

日本赤十字社は厚生労働省から
次世代育成支援認定マークを受けている企業ということもあり、
子育て中の看護師でも安心して勤務が出来ますよ。

献血の仕事は必ず土日は仕事なの?

火曜日, 6月 2nd, 2015

5doniti街中などにある献血ルームは、
基本的に土日もやっていますよね。

だとすると、献血の仕事をする看護師は、
必ず土日は仕事なの?
と思うかもしれません。

 

ですが、基本的には土日はカレンダー通りにお休み。
ということが多いんです

ただ、月に数日、土日に出勤をする日があります。
その時には平日に振替でお休みをすることが出来ます。

 

祝日や年末年始などについては、
お休みになることが多いんですよ。

また、夏休みなどについてもとれることも多くなっています。
ただ、すべての職場について
同じような勤務体制になっているとは限りません。

 

場合によっては土日のどちらかは出勤で、
平日に固定休がある場合、
シフト制になっていて固定休が決まっていないというところもあります。

働くことになる職場によって、
この辺りは柔軟に対応する必要があります。

 

献血の看護師には、
しっかりと有給休暇や育児休暇といった
特別休暇を取得することもできますよ。

この日はどうしても休みたい。
という場合には、事前にあらかじめ相談をしておけば、
基本的には希望日に有給休暇を取得することが出来ます。

 

ただ、シフト制の場合には、
シフトを組む前に申請をしておいた方がいいですよね。

家族の体調が悪い、
自身の体調が悪いというような場合には、
有給休暇でお休みをすることが出来ます。

 

この場合には、
やはり職場の仲間に相談をしてシフトを変わってもらう
というようなことをする必要がありそうです。

献血の求人で採用される人ってどんな人?

火曜日, 6月 2nd, 2015

4saiyou献血の仕事をしてみたい場合、
各都道府県に1つはある血液センターで
求人を行っていることがあります。

この求人情報をチェックするのが、
実は最も確実な方法になります。

 

ハローワークなどでも探すことが出来ますし、
それぞれの血液センターの公式サイトなどで、
求人を公開していることもあります。

これらを常にチェックしておくことで、
求人情報を得ることが出来ますよ。

 

ただ、頻度に採用があるという訳ではないので、
こまめにチェックすることが大切になってきます。

 

献血の仕事に求められている人というのは、
やはり話術が巧みな人になってきます。

献血に来てくれる人が心地よく献血ルームで過ごし、
また来たい。と思えるようなコミュニケーションを取ることが出来る。
という人が求められてきますよ。

 

基本的に献血ルームなどは
土日も開設されていることが多くなります。

献血バスに乗車することになれば、
早朝から出勤し、夕方遅くまでかかってしまう事もあります。

 

結果として早出や残業などが発生することがありますので、
この勤務が可能なのかどうか。
という点も採用にあたっては考慮されることになりますよね。

 

献血は沢山の人が集まる場所で行われることもあります。
土曜日や日曜日など、
多くの人が集まるショッピングモールなどに献血バスで行き、献血を行ってもらう。

というケースもあります。

 

このような時に対応出来る人の方が、
やはり採用されやすいですよね。

献血関係の求人が見つからないんですけど?

火曜日, 6月 2nd, 2015

3kyujin献血関係の仕事についてみたい。
そんな風に思っているものの、
なかなか求人が見つからない。

そんな方もいるのではないでしょうか?

 

実は、献血の仕事は
基本的には決して多くの求人がある
という訳ではないんです。

献血の仕事を主に募集しているのは、
各都道府県にある血液センターになります。

 

これは日本赤十字社が運営している施設ですよね。
体制としては役所などに準じていて、
求人自体も募集から締め切りまではとても短期間で終わってしまう事が多くなります。

また、求人自体も各血液センターのサイトなどで
情報が出てくることも多く、
一般的に広く募集していることも少なくなってきます。

 

採用も最初は非常勤として、
ということも多いんですよ。

 

献血関係の仕事は、
基本的には空いているポストがあれば、
そこを補完する為に募集する。

ということが多くなります。

 

募集を行っても1人もしくは数人、
場合よっては募集自体がない年というものもあるんです。

しっかりと募集情報をチェックして、
応募するタイミングをしっかりと確認しなければ、
献血の仕事に就くことが出来ない場合もあります。

 

中には公に募集せず、
看護師同士の横のつながりで採用が決定してしまう。
というケースもありますよ。

 

もし、献血の仕事に付きたいという場合には、このような横のつながりをしっかりと持ち、募集が有ったら教えてもらう。

ということを心がけることも必要ですよね。

採血以外の献血の仕事って?

火曜日, 6月 2nd, 2015

2sigot献血の仕事は、実際についてみると意外に大変。
といいます。

採血をするにあたっても、
やはり技術力も必要ですよね。

 

そのため、献血の仕事を始めたばかりの新人は、
献血を行うドナーの健康状態をチェックし、
ピアスの有無を確認、持病の確認と言った問診作業、
カルテの確認などを主に行っていきます。

ドナーから採血した血液は、
患者さんの命を繋ぐために必要になるものですから、
この問診もとても大切な献血の仕事になってきます。

 

献血の仕事のメインは確かに採血ですが、
その他にもさまざまな仕事があります。

 

ドナーが献血に関して思っている疑問に答えたり、
不安を解消することも、大切な仕事なんですよ。

 

ドナーが採血を行うベッドなどを清潔に保つ。
ということも非常に大切になってきます。

献血バスや献血ルームの場合、
不特定多数の方がそのベッドを使用します。

人によっては不快感を持つ。
という方もいます。

でも、しっかりと消毒・殺菌をすることで、
このような不快感を解消することが出来ますよ。

 

献血ルームで細菌感染や病気などの感染症に罹患した。
というようなことが起こってはいけませんので、
空気清浄機の管理や加湿器の管理なども大切ですよね。

さらに、採血した血液の保管・管理はとても重要です。
他の血液が混在してしまったりしないよう、
定められたマニュアルにそって保管をするということが大切になってきます。

採血の仕事はどんな感じ?

火曜日, 6月 2nd, 2015

1dona看護師が活躍する職場はとても様々です。
その中の一つに、献血の仕事があります。

献血の仕事では、
やはりメインになるのは採血を行うということが仕事になります。

 

注射が得意、穿刺が苦手ではないという人でなければ、
やや厳しい職場になってしまいますよね。

実際に働いていると行うのは採血だけではありませんよ。
採血の前には問診を行います。

 

この問診では、
ドナーのさまざまな情報を
適切に得ていくことが大切になってきます。

中には緊張している方もいますので、
リラックスしてもらうような話術も必要になってきますよね。
時々に応じたコミュニケーション能力が大切です。

 

問診、そして医師の判断で採血が可能ということになれば、
採血キットを用意して、
採血という運びになります。

採血をしている最中や、
採血後などにも、
基本的にはドナーに対して心配りをすることが求められます。

 

採血中に体調が悪くなってしまうドナーもいますので、
このような症状が現れた時には、
しっかりと対応できるように、常に見守ることが必要になりますよね。

 

採血後には水分を補給してもらい、
休憩を促すといったことも必要な配慮になります。

看護師として卓越した技術力やさまざま知識などが必要な現場ではありませんが、
採血の失敗は許されない。
という現場になります。

 

ドナーが安心して採血できるよう、
環境を整えることが大切です。