献血のイイ看護師求人を紹介します!

By yniup9kj. Filed in 求人・転職  |  
TOP del.icio.us digg

header

caution

献血の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、献血の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300
 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血で働きたい!」「献血の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 看護のお仕事

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血の非公開求人」 が揃っています。

 

献血の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 マイナビ看護師
 

実績ある安心のブランド・マイナビが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution

2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 献血の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


献血の仕事はあまり残業が無いとされているんですが、それでも決してゼロというわけではありません。その残業の内容とは、一体どのようなものなのでしょう。実は、献血の採血などを行うということではなく、事務作業や献血のための道具の準備といったことが、主な残業となるんですね。
これらは人を相手とするものではありませんので、気を遣うことなく残業することが出来ます。また、体力的にも精神的にもあまり疲労感の無い業務となりますので、残業とは言っても気が重いということが無いのは嬉しいですよね。もちろん、働く事になる職場によっては、残業として対応しなくて良いこともありますよ。

看護師は残業が多い仕事となり、中には残業をとても重荷に感じている人は多くいます。突発的におきる残業というのは、その後に予定を入れることも出来ませんので、困ってしまいます。ですが、献血の仕事であれば、残業はある程度予想されている範囲内で終了しますし、事情をしっかり話しておけば、残業なしで帰宅することも出来ますよ。
病棟勤務と比べると、残業があったとしてもかなりの短時間で終了するという点も、嬉しいですよね。生活リズムも狂いにくく、時間管理もしっかり出来るというのはとても助かります。


献血看護師の仕事として、献血バスに乗って仕事をするということもあります。このような献血バスでの献血は、イベント会場や企業、学校などに献血施設を搭載したバスで出向きますので、どうしても残業があることがあるんですね。献血ルームなどでの仕事とは違い、イベント会場の後片付け、バスの車内の整理整頓、備品のチェックなどを行わなくてはなりません。
そして、不足している道具や医薬品などは、しっかりと補充し、発注するという仕事もありますよ。献血バスでの帰路の車内でこれらの作業をテキパキすれば残業が減りますよ。その日の献血者のカルテの整理や報告書の記載など、出来る範囲内のことはバスの移動中に行ってしまえば、残業時間も減らす事が出来ますよね。

ただ、カルテの管理というのはとても重要な仕事です。特に、採血をした血液の管理は、カルテと照合しながら行う必要がありますので、とても手間のかかる作業なんですね。採取した血液の量が多い日には、この作業にとても時間がかかります。
翌日以降に献血バスに乗車する人のために、道具類や備品類などを、しっかりと確認して補充するという事は、全ての献血スタッフにとって重要なこととなります。不足によって採血の作業に支障をきたすようでは困ってしまいますので、しっかりと行わなくてはなりません。


献血の仕事というのは、大きく分けると3種類の仕事があるんです。一つ目は、メインとなる「採血」の仕事です。ドナーの方から採血を行うことですよね。この採血された血液というのは、輸血用血液製剤となり、患者さんの元へ届けられます。二つ目に、採血の最中にドナーの方が体調を崩さないように「見守る」ということです。
とくに初めて採血をするという方の場合、かなり緊張していることがあります。この緊張をとき、リラックスさせることが看護師の大きな役割となっています。そして三つ目は、「保健指導」です。この保健指導は、血液検査の結果を元にして、ドナーの方に保健指導を行うことになります。ドナーの方の中には、この保健指導が目当てという方も居るんですよ。

献血ルームでの師仕事は、大きく分けると上記の3種類ですが、一日の流れというのはどのようになっているのでしょう。まずは、出勤後に献血ルームの清掃とミーティングを行います。最近では献血を予約されるドナーの方もおられますので、その状況の確認や、今日必要となる血液量の確認も行います。献血ルームが開所すれば、ドナーの方の受付、問診、医師の診察、採血。
このような流れの作業を繰り返し行っていく事になりますよ。採血した血液は決められた保管場所にて保管し、定期的に血液センターに運びます。採血中は、しっかりドナーの方の観察を行っていきます。最後は献血ルームの清掃、カルテの管理、備品のチェックや補充、発注などを行い、終了となります。


献血の仕事というのは、ドナーの方が居てこそ成り立ちますよね。基本的には健康な方がドナーとして献血を行ってくれます。ですが、中には体調が悪いのに献血をしようとする人もおられるんですね。ですので、まずはドナーの方の健康状態をしっかりと確認することがとても重要となります。献血は基本的にトラブルが起こりづらい仕事となりますが、健康被害が全く無いわけではありません。
献血しようという意欲のある方が、また次回も献血をしようと考えてくれるように、しっかりとコミュニケーションをとりつつ、気持ちよく過ごしてもらうことが大切になりますよ。

献血はトラブルが少ないという仕事ではあるのですが、健康被害が発生してしまうこともあります。例えば、採血の針が神経に触れ、しびれなどの症状が出てしまう事故というのも、まれにあるんですね。そのような被害が出ないようにすることはとても大切ですが、このようなケースがあるという説明も、しっかりと行わなくてはなりません。
採血中に、迷走反射神経や神経麻痺が残る可能性がある、という事は、ドナーの方にとって大きな負担となります。ですので、あらかじめしっかりと説明しなくてはなりませんよね。ただ、このようなトラブルが起きないよう、採血に関するスキルを磨き、注意して作業を行う必要があります。献血は一般的な病院と比べ、サービス業のような側面もありますので、その辺りの理解も大切になります。
献血の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血 転職サイトを見る

 

Comments are closed.